☎ 079-280-4670
営業時間 9:00~18:00(平日)
事前にご予約いただければ土日祝日も対応いたします。
メールでのお問い合わせ
クラウド会計の活用法について ~freee編③~

クラウド会計の活用法について ~freee編③~

この記事は約1分で読めます。
Pocket

こんばんは!

クラウド会計と相続に強い

姫路の税理士・AFP

金城会計事務所の金城炅琠(かねしろよしのり)です。

クラウド会計の活用法について ~freee編③~です。

今回は、経費の按分の設定方法についてです。

この設定は、個人の方限定になります。

例として80,000円で借りているマンション(自宅兼事務所)で

仕事に使ってる割合(事業割合)が50%だった場合

本来であれば

家賃    40,000   預金 80,000

事業主貸  40,000

と入力する必要がありますが

freeeの場合、事業割合を登録することで事業割合と

プライベートで使っている割合(家事割合)を分けなくても

自動的に家事割合を按分計算してくれます。

家賃    80,000   現金  80,000

と入力しても決算処理の時に

事業主貸  40,000   家賃  40,000

と上の処理をしてくれます。

家事按分の設定方法について

freeeの確定申告メニューの家事按分をクリックします。

すると、新しい家事按分を登録とメニューが左側にありますので

クリックします。

家事按分の登録画面が出てきますので

勘定科目(家賃)

品目名(家賃代)

事業利用比率(今回は50)を設定すると完了です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました