☎ 079-280-4670
営業時間 9:00~18:00(平日)
事前にご予約いただければ土日祝日も対応いたします。
メールでのお問い合わせ
令和元年(2019年)分 確定申告書の注意点②

令和元年(2019年)分 確定申告書の注意点②

この記事は約2分で読めます。
Pocket

こんにちは!

姫路の税理士・AFP

金城会計事務所の金城炅琠(かねしろよしのり)です。

※AFP…アフィリエイテッド ファイナンシャルプランナーの略です。

今日は令和(2019年)分 確定申告書の注意点②について説明したいと思います。

住宅ローン特別控除の拡充について

住宅ローン控除について、住宅の取得等又は住宅の増改築等が

特別特定取得(※)に該当し、その住宅を令和元年10月1日以後に

居住の用に供した場合で一定の要件を満たすときには

控除期間を10年から13年に延長する等の改正が行われました。

(※) 「特別特定取得」とは、住宅の新築、取得又は増改築等に係る対価の額等に

含まれる消費税額等が、10%の税率により課されるべきものである場合における

住宅の取得等又は住宅の増改築等をいいます。

医療費控除の添付書類について

医療費控除の適用を受ける場合『医療費控除の明細書』

(セルフメディケーション税制の適用を受ける場合は

『セルフメディケーション税制の明細書』 の添付が必要になりました。

明細書を添付した場合、医療費等の領収書の添付又は提示は必要ありません。

ただし、確定申告期限から5年間

税務署から領収書(医療費通知に係るものを除きます。)の提示

又は提出を求める場合がありますので、領収書は、自宅で保存する必要があります。

※令和元年分の確定申告までは、領収書の添付又は提示によることもできます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました